Didier Merah ニューアルバム 『Sacred Forest』 Coming Soon
メッセージ、お問い合わせは info@didier-merah.jp までどうぞ。

夏休み‥

rainbow.jpg

長い長いレコーディングがようやく終わった。スポーツ選手で言うところの「シーズン」。それがようやくのジ・エンドを迎えた。
noteでも少しだけ触れたように最後の最後で強烈な圧に見舞われ、治りかけていた歯の状態が思わしくない。夏休み明けに口内の一部のオペを予定しているが、回避出来そうにない‥と半ば諦めつつ自宅で出来るケアに励んでいる。

「Sacred Forest」のレコーディングから殆ど間隔を空けないで臨んだアルバムEdenのセカンドステージは、思いの外ハードだった。多くの障害壁に前途を阻まれつつも、最終的には気力で乗り切った形となった。だが演奏は想像以上に安定しており、日々の小さな練習の蓄積に助けられた。

ずっとバラードもの、歌のない音楽に触れていたせいなのか、人の声のする音楽に触れている。声や歌詞は在るけどそれが険しい陰影を持たないない音楽、今心にすんなりと飛び込んで来るのはどこか異国の匂いのするグルーヴの深い音楽。
疲労困憊。だけどこどこか清々しいレコーディング明け。
文字通り、この一週間は休養に充てることにしました‥





新着エッセイ・散文詩(通常サイズの散文詩)






メルマガ「Didier Merah Magazin」 購読申込方法は、此方のLinkよりご確認下さい。
http://amelianchant.blog71.fc2.com/blog-entry-836.html


Instagram 755_201606290248321fe.png

WheelOfFortune_130x130.jpg Password 

Twitter info80_20151213233245a17.jpg

関連記事
 メールバナー 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 
 
Check


太陽の如く

God.jpg

前作「Sacred Forest」が完全に拡散したのは、多分一ヶ月前の七夕辺りだった。それからほんの一ヶ月強しか経過していない筈なのに、とても長い時間が過ぎて行ったような気がする。
私は極度の疲労のさなかに在り、本来ならばこの夏休みはゆっくりと休養に充てる筈だった。だがその予定はあっさりと別のイベントに覆り、実際のところ今私の体はかなりボロボロであり悲鳴をあげている。それでも私は作り、弾き、そして時折それを言葉に綴る。

思うに現代の人々は自動ドアに慣れており、その箇所を足で踏めば勝手にドアが開いてくれる、‥開くべきだと思い込んでいる。なので厳重に鍵が掛けられた部屋に、そこを積極的に開けて足を踏み入れようとするモチベーションがとても希薄に思える。
私が幼い頃、憧れはいつも遠くにあった。そこは雲の上のようであり、そうでもないとても曖昧な場所のようだった。少し頑張れば手の届くところに憧れは存在しその為に人々は必死に切磋琢磨した、そんな時代が懐かしく思えるほど今の人たちは簡単に憧れの対象に手を触れようとするし、対象に言葉を掛けて貰うことを当たり前と感じている。

ここのところ、私のメルマガの講読解除者が続出している。
私はDidier Merah Japanのスタッフをも兼任しているので、メルマガにどんな読者がいるのか、その概ねを把握している。私のメルマガを解除し立ち去って行かれる方の大半が、私が血肉を削って綴ったものを一つも読んでいない。おそらく心の底では「どれだけ売り込んだら気が済むの?」と思いながら、私と言う存在を視野からそっと避けて行く人たち。
私にはそんな彼らの声が、実際の音声としてとても正確に聴こえて来る。


お名前は出さないけれど、最初は私のファンだった方で現在は何かあれば必ず連絡を取り合う、そんな方がお一人おられる。勿論私の弾くもの書くものの全てをその方は把握されていて、私に何かあればLINE等から必ずメッセージが届けられる。まだ一度もお目にかかったことはないものの、何度もLINEのボイスチャットでお話しをさせて頂いているので、もう何度も会っているような感覚を以て私も接している方。
先日或ることで再びボイスチャットで、その方とお話しをし、数十分を共に過ごした。
だが非現実的な内容に話題が及び、私はそういうことをその方に実際にどうお話しして良いのか、或いは話さない方が良いのか、話し過ぎてはその方に大きなご負担をお掛けするのではないか‥等と気を回し過ぎて、勝手に一方的に少し距離を取っていたのだけど、その距離を見事に上品かつ積極的に突き破って私の殻をこじ開けて下さった。

私はそういう人を心から求めていて、尚且つ本当に好きだと感じた。鬱陶しく暑っ苦しく応援して下さる方、きっとそういう方が私の、言葉に出来ない思いや不思議な体験を真正面から受け取って共有して下さるのだろう‥と思うと、数日前に起こした私の一方的な根回しが何とも馬鹿らしく幼稚なことだったと心から反省した。
私はむしろその方以上にもっと暑っ苦しく鬱陶しく、その方を信じても良いのだと確信した。

それを思うと、私の発信した音楽や文字に触れたのか触れてないのか、その気の無さそうな人たちには私も「その気が無さそう」に接して行かなければコスパに見合わない‥と思う。何より立場が逆転してしまう。
私は太陽であらねばならない。太陽は全てを平等に照らすことが出来るが、個別にその対象を選んで光量を調節することは出来ないし、する必要もない存在だ。
私はそのスタンスをもっともっと徹底させなければならないと、自らにあらためて言い聞かせて行く。


アルバム「Eden」のレコーディングは、私の内側の波乱がなかったことのように順調に進んでいる。だが油断は出来ない。
現状、私の歯はボロボロの状態であり、多くの回数の治療にも通わなければならない。通院だけで体力・気力を消耗するが、それも「圧」の妨害だと私は認識している。
眠れる時になるべく多くの睡眠を摂り、書ける時に一気に長刀を振り下ろすように綴って行く‥。一つ一つの作業が短期集中的に進んで行くが、その分倍の休養を摂ることを心掛け、ここからの長い道、長い人生をゆっくりと突き進んで行かなければならない。


新着エッセイ・散文詩(通常サイズの散文詩)






メルマガ「Didier Merah Magazin」 購読申込方法は、此方のLinkよりご確認下さい。
http://amelianchant.blog71.fc2.com/blog-entry-836.html


Instagram 755_201606290248321fe.png

WheelOfFortune_130x130.jpg Password 

Twitter info80_20151213233245a17.jpg

関連記事
 メールバナー 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 
 
Check


Powered by FC2ブログ

FC2Ad



Site Map
Blog Widgets


メルマガ登録フォーム
メルマガ登録
powered byメール配信CGI acmailer
banner etc...




人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ




Category
Information (37)
Improv Sketch (36)
Poetry (45)
Diary, Column... (364)
Recording Note (25)
In My Dream (10)
Armenia *vocal, Duduk* etc... (43)
Iran (10)
Middle Eastern, Sufi, Turkestan... (24)
Italian pops (28)
Latin, Salsa, Spanish etc... (16)
ChillOut, Jazz, Smooth jazz... (28)
Japanese pops (5)
World Music (33)
Internet Radio (9)
Deep House, Dub Step etc... (3)
Dark Echo Magic* (from soundcloud)* (4)
Ambient Music, Minimal Music (1)
Twitter/Facebook Page (12)
Wandering of my life (13)
Ideal Music (8)
Link
検索フォーム
Flag Counter



Twitter